鼻・眼・のど…アレルギー性鼻炎の症状によるお悩み解決ガイド

HOME » アレルギー性鼻炎が招く症状とその改善法 » 黄色い鼻水は注意信号!蓄膿症克服法

黄色い鼻水は注意信号!蓄膿症克服法

アレルギー性鼻炎の症状とその改善方法のうち、蓄膿症について説明します。

発熱にいたることもある蓄膿症(副鼻腔炎)

アレルギー性鼻炎による蓄膿症、つまり「副鼻腔炎」は、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞という鼻の副鼻腔に炎症がおこる症状です。

副鼻腔に炎症が起きて膿が溜まると、膿は鼻の奥に向かって、つまりのどのほうに流れ落ちていくため、口腔内への不快感を覚えるのも蓄膿症の特徴。

現在では蓄膿症というよりも、膿のひどくない炎症も含めて副鼻腔炎といわれることが多くなりました。

基本的には鼻水が症状の最たるものですが、ひどいときには発熱にいたることあるため、軽視できません。

そんな副鼻腔炎の原因とされているのは、細菌や真菌などの菌類のほか、ダニなどのハウスダスト、花粉といった微細物のほか、虫歯が原因となるケースもあってさまざま。

原因によって対策や治療法も変わってくるので、まずはちゃんと原因を突き止めることが先決となります。

鼻水、鼻づまりのほか、頭痛や顔面痛、鼻腔内の異臭を感じたり、たんやせきも出るようであれば副鼻腔炎を疑ってください。

蓄膿症・副鼻腔炎の特徴としてドロッとした鼻水が出ることがあげられますので、違和感を感じたら耳鼻科へ足を運んでみることをおすすめします。

とくに、風邪をひいたあとには細菌が原因の副鼻腔炎にかかりやすく、要注意です。

予防法としては、細菌類が主原因となる症状なので、とにかく清潔にすること

手洗いやうがいなども、こまめにするようにしましょう。

また、副鼻腔炎には急性のものと慢性のものとがあり、そのいずれかによっても対策・治療法が異なってきます。

たとえば、急性副鼻腔炎なら鼻腔内をきれいにしたり薬を服用したりで比較的早期に治療が完了しますが、慢性副鼻腔炎だと数回の治療だけでは完治しません。

個人差もありますが中長期にわたっての治療期間が求められますので、医師と相談して治療計画を立てるようにしてください。

 
ページの先頭へ
ツラいアレルギー性鼻炎の症状を改善するサイト